桜咲く。これからを考える。

おはようございます。
「ファイアフライ」の時雨キョウです。

先日、実家の近くで桜を見て回りました。

sakura1.jpeg

川沿いに延々と続く桜並木と菜の花。
今年は寒さのせいか、なかなか花が咲かず
数日の温かさのせいで一気に満開となりました。

普段は人のまばらな久慈川沿いの歩道も
桜の咲く今だけは、大勢の人々で賑っています。


桜は、時期になれば咲くけれど
ひとは、いつか自動的に「花を咲かせる」ことはできない。
誰かが咲かせてくれる「花」なんかない。
そんなことを考えながら、
散り始めた桜並木を歩きました。

・・・何がいいたいか、と申しますと。
直前に、クリエイティブメディア出版さんの
ライブ講座「作家で食べていく方法」のコメントを考えていたせいで
しみじみ、自分の立ち位置を考えてしまったのです。

前回の「作食べ」では、課題がでていまして
それが「作家としての強み」や「どんな読者に作品を読んでほしいか」など
作家として、自分を見つめなおす内容となっていました。

回答例として、その課題にとりくんだわけですが
正直、
「むずかしい」

しかし、逆にそれがつかめきれていないから、今の立ち位置があるのだと思いました。

そして、時雨は誰よりも負けず嫌いですから。
思ったわけです。
「負けてたまるか」ってね。

いつか、こんな満開の花を咲かせることができるように。
がんばります。

sakura6.jpeg


というわけで、赤裸々に書いた時雨さんの「作家としての方向性」、
4/22(土)14時~『作家で食べていく方法』クリエイティブメディア出版・編集長が秘訣を伝授・その5
事前ダウンロード教材で読むことが出来ます(笑)

ぜひご覧いただければ幸いです。




スポンサーサイト

新宿紀伊國屋書店にて発見!「ファイアフライ」

おはようございます。「ファイアフライ」の時雨キョウです。

先日、読売新聞さんに「ファイアフライ」の広告を掲載させていただきました。
その後、書店フェアに本が置いてあるらしいと、
重い腰をあげて新宿紀伊國屋書店まで行ってまいりました。
(新宿は時雨の生活圏ではないのです)

ありましたよ!クリエイティブメディア出版の新刊「カナと魔法の指輪」!

カナ2

カナ3

和食の達人・土井善晴氏のおとなりに
かわいい「カナと魔法の指輪」がありました。
面陳角地のいい場所です!

「カナ」でテンション上がってバシバシ写真をとり、
本日、満足。
つい、このまま帰りかけました。

そしてふと、目に留まったのです。

0327ファイアフライ

平台の映画化作品のお隣に、「ファイアフライ」です!

「おお!ほんとにおいてある!」
こっそり写真を撮って、ほくほくと帰宅した時雨でした。

自分の本が書店に並ぶと、やっぱりうれしいです(〃ノωノ)

読売新聞に「ファイアフライ」が載りました

おはようございます。
「ファイアフライ」の時雨キョウです。

なんと、「ファイアフライ」広告が3月8日の読売新聞夕刊に載りました。
  
IMG_0344-2.jpg
 
小さいのでぐぐっと拡大。

 
IMG_0346-2.jpg

「おお、載ってる」

 
光栄にも、クリエイティブメディア出版の新刊「カナと魔法の指輪」の下に配置して頂けました(^∇^)ノ

そしてさらにこんな粋な計らいも。

読売新聞社のフェア告知広告内、
センターの一等地に
紙の本「カナと魔法の指輪」「ファイアフライ」の書名があるではないですか!

書店フェア参加の本として、タイトルを掲載して頂きました。
ありがとうございます。読売新聞様。
 
IMG_0347-2.jpg
 
 
時雨の大切なはじめの一冊「ファイアフライ」。
ぜひ、多くの方に手にとっていただければ幸いです。

時雨キョウです。

おはようございます。
「ファイアフライ」の時雨キョウです。
  
ロウバイが咲き、サンシュユが咲き、
気がつけば白梅が見ごろの季節となりました。
 
野の花もちらほらと咲き始め
『春』がもう足元までやってきていることを実感します。
 
そんな、目覚めの春。
クリエイターズワールドが復活するまで
時雨キョウ『らいなーのーと(仮)』として始動します。
 
20170307blog.jpg
 
大地を彩る小さな花々を愛でるように
お付き合いいただければ幸いです。 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR